調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 経済点描 > 日本企業の本格回復はなるか──格付け予測関数による財務改善度の評価──

日本企業の本格回復はなるか

格付け予測関数による財務改善度の評価

2004年2月6日
開発壮平

日本銀行から

経済点描は、景気動向や中期的な経済テーマ、あるいは経済指標・統計に関する理解を深めるための材料提供を目的として、日本銀行調査統計局が編集・発行しています。ただし、レポートで示された意見や解釈に当たる部分は、執筆者に属し、必ずしも日本銀行の見解を示すものではありません。

以下には、(要旨)を掲載しています。全文は、こちら (rkt04j01.pdf 67KB) から入手できます。

要旨

 企業の信用力——およびその背後にある収益力や財務状況——は、設備投資など企業のリスクテイク行動が本格的に回復していくかどうかについての、一つの手がかりを与えるものと考えることができる。本稿では、企業の信用力を表す代表的な指標と考えられている「格付け」をとりあげ、企業の収益力やバランスシートが、格付けの上昇と整合的な段階にまで改善してきていると言えるかどうかを、統計的な手法によりチェックする。