日本銀行本店

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2012年 > (日銀レビュー)最近のVIX(恐怖指数)と各国金融市場のボラティリティ指標

ENGLISH

最近のVIX(恐怖指数)と各国金融市場のボラティリティ指標

2012年1月27日
金融市場局 平木一浩*、福永一郎

*現在、横浜支店

要旨

米国株価のボラティリティ(変動性)を示す指標であるVIXは、米国のみならずグローバルに活動する投資家の不安心理を表す指標としても注目度が高く、別名「恐怖指数」とも呼ばれている。本稿では、VIXと同様のボラティリティ指標を米国・日本・ドイツの債券市場や為替市場についても算出し、VIXが上昇した局面において、それらの市場参加者の間で不安心理がどのように広まっていたかを確認した。その結果、各市場のボラティリティ指標はVIXと概ね連動していたが、2011年8月以降のVIX上昇局面においては、リーマン・ショックやギリシャ危機といった過去のVIX上昇局面とは異なり、日米の国債市場やドル/円相場のボラティリティ指標は比較的安定しており、一方でドイツ国債やユーロ/ドル相場のボラティリティ指標は著しく上昇していたことがわかった。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するために、日本銀行が編集・発行しているものです。ただし、レポートで示された意見は執筆者に属し、必ずしも日本銀行の見解を示すものではありません。

内容に関するご質問等に関しましては、日本銀行金融市場局総務課市場分析グループ(代表 03-3279-1111 内線 2703)までお知らせ下さい。

ページ先頭に戻る