調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2006年 > ヘッジファンドの生存分析

ヘッジファンドの生存分析

2006年 3月
馬場直彦*1
郷古浩道*2

 全文は英語のみの公表です。

要旨

本稿は、Lipper TASS データベースに登録されている個別ヘッジファンド・データを使用して、ヘッジファンドの生存分析を行っている。具体的には、ノン・パラメトリックな手法、投資戦略ごとに固有の脆弱性(shared frailty) をコントロールしたコックス比例ハザード・モデル、ロジット・モデルなどの手法を用いることにより、個々のファンドの属性やパフォーマンス指標のダイナミックな推移が、ヘッジファンドの生存確率に与える影響について分析している。分析結果を要約すると以下のとおり。(1)収益率、運用資産規模に関して、以下の性質を持つファンドは生存確率が有意に高い。(I)収益率が高い、(II)運用資産が大きい、(III)直近の資金流入が大きい、(IV)収益率・運用資産の分散/歪度が小さい/大きい。(2)インセンティブ構造(報酬体系)はファンドの生存確率に有意な影響を与える。ただし、与える影響は個々のスキームにより異なる。すなわち、業績連動報酬比率が高いファンドは生存確率が低い一方で、ハイ・ウォーターマーク方式を採用しているファンドは生存確率が高い。(3)ヘッジファンドの解約条件(流動性)は生存確率に有意な影響を与える。すなわち、解約通知期間や解約サイクルが長いなど、投資家に強い流動性制約を課しているファンドは生存確率が高い。(4)ファンドの総数が多くなると、ファンドの生存確率は有意に低下する。(5)レバレッジの大きさは、ファンドの生存確率に有意な影響を与えない。

キーワード :
ヘッジファンド、生存分析、ハイ・ウォーターマーク、業績連動報酬、生存、分析、パネル・ロジット

  1. *1日本銀行金融研究所兼金融市場局
    e-mail: naohiko.baba@boj.or.jp
  2. *2日本銀行金融市場局
    e-mail: hiromichi.gouko@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
無断転載・複製を禁じます。