調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2011年 > (論文)中国経済成長のリバランス

中国経済成長のリバランス

:日本の経験に基づく洞察

2011年7月
福本智之*1
武藤一郎*2

全文掲載は、英語のみとなっております。

要旨

中国が直面する最大の課題の一つは、投資偏重の経済成長を如何にして是正するかという点にある。本稿では、1970年代を通じて日本の経済成長のリバランスがどのようにして実現されたかを検討し、生産要素コスト(労働コストと資本コスト)の歪みが、調和のとれた形で是正されることが、経済成長のリバランスにおいて重要であることを示す。さらに、日本の経験に基づけば、国内経済成長のリバランスが、対外的なリバランスを必ずしももたらさないことも、あわせて指摘する。

  1. *1日本銀行国際局 E-mail : tomoyuki.fukumoto@boj.or.jp
  2. *2日本銀行国際局 E-mail : ichirou.mutou@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せください。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。