調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2016年 > (論文)金融機関のドル資金調達と金融規制改革の影響

金融機関のドル資金調達と金融規制改革の影響

2016年8月5日
飯田智之*1
木村武*2
須藤直*3

全文掲載は、英語のみとなっております。

要旨

本稿では、為替スワップ市場における非米系金融機関のドル資金調達プレミアムの変動メカニズムについて、理論モデルを用いて説明するとともに、対ドル主要4通貨のデータを用いたパネル推計による実証分析を提示する。
非米系金融機関のドル資金調達プレミアムは、過去においては、金融危機時に典型的に観察されたように、銀行の信用度の悪化が原因となって上昇することが多かった。しかし、近年は、銀行の信用度が安定している中で、ドル資金調達プレミアムが上昇しており、これには、金融政策のスタンスに関する米国と他の先進国間での違いが影響している。具体的には、米国が利上げ方向に動く中で、日欧などが低金利政策を継続していることを背景に、非米系金融機関がドル建て資産に対する需要を増加させ、これが為替スワップ市場におけるドル資金調達の増加につながっている。
また、レバレッジ比率規制導入などの金融規制改革の動きは、米系・非米系問わず金融機関のドル資金調達の限界費用を増加させるため、為替スワップ市場におけるドル需要曲線とドル供給曲線の傾きがスティープ化する。この結果、為替スワップ市場におけるドルの需給変動圧力は、ドル資金調達プレミアムの大きな変動につながりやすくなっている。

JEL分類番号:
F39、G15、G18

キーワード:
為替スワップ市場、ドル資金調達プレミアム、金融規制改革

  1. *1日本銀行国際局 E-mail : tomoyuki.iida@boj.or.jp
  2. *2日本銀行金融機構局 E-mail : takeshi.kimura@boj.or.jp
  3. *3日本銀行企画局 E-mail : nao.sudou@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。