調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2018年 > (論文)繰り返しバブルの理論と経済成長および景気循環への含意

繰り返しバブルの理論と経済成長および景気循環への含意

2018年3月12日
パブロ ゲロン=クウィンターナ*1
平野智裕*2
陣内了*3

全文掲載は、英語のみとなっております。

要旨

資産価格バブルがマクロ経済パフォーマンスに与える影響を分析した。バブルの発生と崩壊の両方を明示的にモデルに取り込んだ。バブルの崩壊を予期することがバブル期の行動に影響を与えるだけでなく、バブルの再来への期待が、バブルが生じていない時期の行動にも影響を与えることが理論的に示される。このような環境では、バブル期の経済成長率が、それ以外の時期の経済成長率よりも高くなる傾向が非常に強いことが分かった。つまり、バブルの崩壊はそれ自体が大きな不況が引き起こすのみならず、その後、長期にわたる低成長をもたらすことが分かった。また、金融市場の未成熟な経済は資産バブルをあえて許した方がバブルを排除するよりも長期的には高い経済成長率を実現でき、逆に金融市場が発達した経済では資産バブルは経済成長率を長期的には低くする可能性も示された。応用として、米国経済がいつバブル経済にあったかについて最尤法で推定した。

  1. *1ボストンカレッジ E-mail: pguerron@gmail.com
  2. *2東京大学 E-mail: tomohih@gmail.com
  3. *3一橋大学 E-mail: rjinnai@ier.hit-u.ac.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。