調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2018年 > (論文)株式リターンのグローバル共動性:傾向と決定要因

株式リターンのグローバル共動性:傾向と決定要因

2018年4月11日
稲葉圭一郎*

全文掲載は、英語のみとなっております。

要旨

本稿は、37の先進・新興諸国を対象に、1996~2015年における株式リターンのグローバル共動性を分析している。同共動性は、新興諸国に比べて、先進諸国においてより強いが、新興諸国においては、その強さがサンプル期間を通じてより増している。全サンプル国のうち23ヶ国において、こうした共動性には、サンプル期間を通じて強まっていくトレンドがあり、7ヶ国においては、逆に、弱まっていくトレンドがある。各国共動性の程度の決定要因は、固定的な個別効果の他、国毎・時点毎に異なる値をとる諸変数である。こうした変数には、各国における、国際貿易・国際金融の開放性、景気の状況、制度的な不透明性が含まれる。これらの要因は、「情報生産と共動性」理論と整合的に作用している。また、各国における金融政策や資本管理に関する指標が、「グローバル金融循環」仮説の政策的含意である「金融政策のジレンマ」を支持するかたちで、各国共動性の程度を説明する。

JEL分類番号
F3, G1, O1

キーワード
金融グローバリゼーション、国際分散投資、株式市場の共動、情報生産と共動性、グローバル金融循環

  • 日本銀行国際局 E-mail : keiichirou.inaba@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。