統計

ホーム > 統計 > 国際収支・貿易関連統計 > 国際収支統計(IMF国際収支マニュアル第6版ベース<2014年1月取引分~>) > 直接投資データの計上原則について

直接投資データの計上原則について

2017年5月

直接投資のデータについては、以下のように計上原則が異なります。

表 直接投資データの計上原則
統計 計上原則 概要
  • 国際収支状況
  • 地域別国際収支状況
  • 業種別・地域別直接投資
     1.直接投資収益
  • 対外資産負債残高
  • 直接投資残高地域別
  • 直接投資・証券投資残高地域別統計
    (資産)(全地域ベース)(注)
Asset and Liability Principle 本邦から海外への投資を資産(対外投資)、海外から本邦への投資を負債(対内投資)とする。

直接投資収益の場合、海外から本邦への配当金等を受取に、本邦から海外への配当金等を支払に計上する。

  • 業種別・地域別直接投資
     2.直接投資フロー
  • 直接投資残高 地域別・業種別
Directional Principle 本邦親会社の海外関連会社への投資を資産(対外投資)、海外親会社の本邦関連会社への投資を負債(対内投資)とする。

例えば、海外関連会社から本邦親会社への投資は、負債ではなく、資産サイドの負の投資(親会社による投資の回収)とみなして計上する。

  • Asset and Liability PrincipleとDirectional Principleの違い