統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2001年 > 「マネタリーベースと日本銀行の取引」の掲載項目の一部変更について

「マネタリーベースと日本銀行の取引」の掲載項目の一部変更について

2001年5月10日
日本銀行企画室

 今般、日本銀行の行う現先取引を「金融取引」として会計処理することとなり(2001年4月17日、日本銀行経営企画室「『日本銀行営業毎旬報告』の掲載項目の一部変更について」を参照)、日本銀行の貸借対照表上、本年4月以降に実行された現先取引は国債(長期・短期)の残高に影響を与えなくなりました。これに伴い、「マネタリーベースと日本銀行の取引」の掲載項目も一部変更し、レイアウトを本年4月分(本日公表)より改めることとしました。

 今回の見直しに伴う「マネタリーベースと日本銀行の取引」の具体的な変更点は、以下のとおりです(別添参照)。

  1. (1)「国債」の内訳項目であった「買現先」、「対政府買現先」、「対政府売現先」を、それぞれ「国債買現先」、「対政府国債買現先」、「対政府国債売現先」とし、「国債」から独立した取引項目としました。
     この結果、「国債」の計数は、2001年3月以前と不連続となります。
  2. (2)「短期国債」の内訳項目であった「買現先」、「売現先」を、それぞれ「短期国債買現先」、「短期国債売現先」とし、「短期国債」から独立した取引項目としました。
     この結果、「短期国債」の計数は、2001年3月以前と不連続となります。

本件に関する照会先

日本銀行企画室企画第1課

清水(3277-2812)、近田(3277-2877)


(別添)

  • 「マネタリーベースと日本銀行の取引」新旧対照表
    表