統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2007年 > 企業物価指数の2005年基準改定に伴う製造業部門別投入・産出物価指数の見直しについて ―― 指数精度向上に向けた作成方法の一部見直し方針へのご意見のお願い ――

企業物価指数の2005年基準改定に伴う製造業部門別投入・産出物価指数の見直しについて

指数精度向上に向けた作成方法の一部見直し方針へのご意見のお願い

2007年8月8日
日本銀行調査統計局

 日本銀行では(統計作成部署:調査統計局<物価統計担当>)、現在、企業物価指数(以下、CGPI)の2005年基準への切り替えに向けた改定作業を進めています1 。その過程で、2005年基準CGPIの品目分類編成・同ウエイトを確定し、本日、関連資料を公表しています2。2005年基準への切り替え時期につきましては、なお未確定ながら、現時点では、12月公表の11月速報から新基準指数の公表を開始する予定です。

 製造業部門別投入・産出物価指数(以下、IOPI<Input-Output Price Index of the Manufacturing Industry by Sector>)は、CGPIの品目指数を価格データとしているため、CGPIの基準改定の影響を直接、受けることになります。日本銀行では、今回、CGPIの基準改定を機に、その後のIOPIの指数精度維持・向上に向けて、作成方法の一部について、見直す方針を固めました。作成方法の見直し自体は、多分に技術的な内容ですが、その背景には「参照統計(=CGPI)が先んじて基準改定を迎える際の、本統計(=IOPI)作成方法の在り方」などの論点を含んでおり、方々、CGPIの基準改定前後でIOPIの中身が若干変更となる内容でもあります。そこで、IOPIの指数精度維持・向上に向け取組む以下の作成方法の一部見直し方針につきまして、ご意見などがございましたら、9月18日(火)までに、下記までお寄せ頂きますようお願い致します。

  1. 基準改定方針の最終案については、「企業物価指数の基準改定に関する最終案 −4・10月に公表した見直し案に対し頂戴したご意見と、それへの回答−」(2007年1月、日本銀行調査統計局) を、ご参照下さい。
  2. 本日、「2005年基準・企業物価指数の指数体系および品目分類編成について」(2007年8月、日本銀行調査統計局)として、公表しています。

日本銀行 調査統計局 物価統計担当

  1. 郵送:〒103-8660 東京都中央区日本橋本石町2-1-1
  2. FAX:03-3277-2900
  3. 電子メール:post.rsd3@boj.or.jp
    (件名:「製造業部門別投入・産出物価指数の見直しの件」)