統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2011年 > 輸出物価指数・品目「録画・再生装置」および「プロジェクタ」の非公表化について

輸出物価指数・品目「録画・再生装置」および「プロジェクタ」の非公表化について

2011年11月11日
日本銀行調査統計局

輸出物価指数・品目「録画・再生装置」、「プロジェクタ」について、2011年10月速報指数から、非公表の扱いとすることとしましたので、お知らせします(当該品目指数の作成は継続)。これは、調査対象会社の価格情報を秘匿する観点によるものです。

すなわち、企業物価指数では、品目指数の算出は、複数調査先から3調査価格以上の調査を基に行うことを原則としていますが、この度、輸出物価指数・品目「録画・再生装置」において、複数調査先から3調査価格以上を調査することが困難となりましたので、当該品目指数を非公表とします。また、輸出物価指数・品目「録画・再生装置」と同じ商品群に属しており、かつ、需要段階別・用途別指数において同じ財に区分されている品目のうち、最もウエイトの小さい輸出物価指数・品目「プロジェクタ」の指数についても、非公表とします。これは、当該非公表品目の指数が、上位分類指数と他品目の指数を用いた逆算により明らかにならないようにするための措置です。

非公表品目の扱いについては、「企業物価指数(2005年基準)のFAQ」の項目2-13を参照ください。

照会先

調査統計局物価統計課

Tel : 03-3279-1111(内線 4073)