日本銀行について

ホーム > 日本銀行について > 各種窓口・手続き > 損傷したお金の引換え窓口 > 損傷銀行券の引換基準

損傷銀行券の引換基準

日本銀行では、銀行券が破れたり、燃えたりした場合には、表・裏両面があることを条件に、下記の面積基準で新しい銀行券との引換えを行っています。

灰になった銀行券は、その灰が銀行券であることが確認できれば面積に含みます。

面積が3分の2以上の場合は全額として引換え。

1万円券の場合は1万円として、5千円券の場合は5千円として引換えます。

  • 残存面積が3分の2以上である銀行券のイメージ画像。

面積が5分の2以上、3分の2未満の場合は半額として引換え。

1万円券の場合、5千円として引換えます。

  • 残存面積が5分の2以上、3分の2未満である銀行券のイメージ画像。

面積が5分の2未満の場合は銀行券としての価値は無く失効

  • 残存面積が5分の2未満である銀行券のイメージ画像。
  • 凡例を示す画像。銀行券のイメージ画像において、シャドー部分が銀行券残存面積を表す。

照会先

情報サービス局一般照会窓口

Tel : 03-3279-1111