日本銀行について

ホーム > 日本銀行について > 各種窓口・手続き > 外為法に関する手続き > 報告手続きの電子化 > 日本銀行外為法手続きオンラインシステムの動作環境について

日本銀行外為法手続きオンラインシステムの動作環境について

2020年2月25日
日本銀行国際局

本システムのご利用に際しては、インターネットに接続可能(HTTPSプロトコルが利用できる)なパソコンを準備して頂きます。必要な動作環境は次のとおりです。

また、本システムをご利用頂くためには、JRE(Java Runtime Environment)のインストールが必要となります。なお、本システムで動作することが確認できたJREの脆弱性対応版については、対応方法と共に本システムの情報提供ページに随時掲示しています。

1.ハードウェア(推奨スペック)

CPU 1GHz以上の32ビット(x86)プロセッサまたは64ビット(x64)プロセッサ
メモリ 1 GB以上(32ビット)または2GB以上(64ビット)
HDD 1GB以上の空き容量

2.オペレーティング・システムとブラウザの組合せ

Windows 8.1(32ビット・64ビット)とInternet Explorer 11.0
Windows 10(32ビット・64ビット)<1909>とInternet Explorer 11.0

3.表計算ソフト

Excel 2010<SP2>/ Excel 2013<SP1>/ Excel 2016/ Excel 2019

(注)

  • 2.~3.のソフトウェアは、日本語版に限ります。
  • <>内は、現時点における推奨SP(サービスパック)またはバージョンです。今後、SPまたはバージョンのレベルアップが必要となった場合等には、本システムの情報提供ページに掲示させて頂きます。
  • Windows 8.1 64ビット版またはWindows 10 64ビット版を用いる場合は、32ビット版のInternet Explorerを使用してください。
  • オペレーティング・システム、ブラウザ、および表計算ソフトの組合せは、Microsoft社のシステム要件に準じます。
    (例)Excel 2019 を用いる場合は、Windows 10を使用。
  • 今後、適用が必要となるセキュリティ修正プログラムが追加となった場合等は、本システムの情報提供ページに掲示させて頂きます。なお、2.の推奨バージョンには、本セキュリティ修正プログラムが含まれております。
  • Windows 8.1をお使いの場合には、送信用プログラムVer.7.01.00以降をご利用ください。
  • Windows 10をお使いの場合には、送信用プログラムVer.7.02.00以降をご利用ください。
  • 当該動作環境においても動かない場合にはご照会ください。なお、特殊な設定など利用者側の環境により動作しない場合もあります。