公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 日本銀行や金融についての歴史・豆知識 > 日本銀行は、開業当初から現在の場所にあるのですか?

質問日本銀行は、開業当初から現在の場所にあるのですか?

教えて!にちぎん

回答

開業(明治15年<1882年>10月10日)当初の店舗は、現在の中央区日本橋箱崎町にありました。当時の永代橋(現在より 100メートルほど上流に位置)のたもとにあった旧北海道開拓使物産売捌所を使用していました。

明治29年(1896年)4月に本店を現在の場所へ移転した後は、当初の店舗は主に集会所として利用していましたが、大正12年(1923年)に関東大震災で焼失しました。焼け残った建物は、設計者コンドルの業績を偲ぶ記念堂(東京市が帝都復興記念に指定)として浜町(はまちょう)公園の一角で生き続けましたが、昭和20年(1945年)に戦災で焼失し、公園も戦後改装されました。

なお、日本銀行は昭和57年(1982年)11月、創業百周年を記念し、上記開業地に記念碑を設立しました。

開業当時の店舗の概要

表 開業当時の店舗の概要
所在地 中央区日本橋箱崎町1番地(現在の地番)
東京市日本橋区北新堀町21番地(当時の地番)
敷地面積 約5,202平方メートル(1,574坪)
設計者 ジョサイア・コンドル(イギリス人、鹿鳴館の設計者として有名)
構造 レンガ造り2階建て
着工時期 明治11年(1878年)6月
完工時期 明治14年(1881年)1月