公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 国際業務 > BIS(国際決済銀行)とは何ですか?

BIS(国際決済銀行)とは何ですか?

教えて!にちぎん

BIS(Bank for International Settlements、国際決済銀行)は、1930年に設立された中央銀行をメンバーとする組織で、スイスのバーゼルに本部があります。ドイツの第1次大戦賠償支払に関する事務を取り扱っていたことが行名の由来ですが、それ以外にも、当初から、中央銀行間の協力促進のための場を提供しているほか、中央銀行からの預金の受入れ等の銀行業務も行っています。

BISには、2016年(平成28年)6月末時点で、わが国を含め60か国・地域の中央銀行が加盟しています。日本銀行は、1994年(平成6年)9月以降、理事会のメンバーとなっています。

年次総会

BISの年次総会は、例年6月または7月に、加盟中央銀行の代表者がスイス・バーゼルのBIS本部に集まって開催されます。総会における議決権限は、各代表者が属する国が引き受けているBISの株式数に比例します。日本銀行からは、総裁が出席しています。

中央銀行総裁会議

BISの中央銀行総裁会議は、原則として隔月でBISにおいて開催されている各国中央銀行総裁による会議で、グローバル・エコノミー会議(主要30か国・地域の中央銀行総裁による会議)や拡大総裁会議(すべての加盟中央銀行の総裁による会議)などの総称です。各国の経済・金融の状況や金融政策、国際金融市場の状況などについて意見交換が行われています。

また、グローバル・エコノミー会議の下に設置されているグローバル金融システム委員会(CGFS)、決済・市場インフラ委員会(CPMI)、市場委員会(MC)などの各種委員会では、国際金融などに関するその時々の問題に応じたテーマについて検討が行われています。

関連ページ

BISが公表している「BIS国際資金取引統計および国際与信統計」、「デリバティブ取引に関する定例市場報告」、「外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ」の日本分集計結果等については、BIS関連統計のページをご覧ください。また、グローバル金融システム委員会、決済・市場インフラ委員会、市場委員会の公表資料については、国際的な取組み(決済・市場)のページをご覧ください。

「教えて!にちぎん」の中の関連質問

参考