公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 決済と日本銀行の役割 > 中央銀行によるオーバーサイトとは何ですか?

中央銀行によるオーバーサイトとは何ですか?

教えて!にちぎん

中央銀行によるオーバーサイトとは、中央銀行が、金融市場インフラについて、制度設計やリスク管理体制、運営状況などをモニタリングし、その安全性と効率性を評価するとともに、必要に応じて改善に向けた働きかけを行うことをいいます。

金融市場インフラとは、資金決済システム、証券集中保管機関、証券決済システム、清算機関および取引情報蓄積機関を指し、多数の参加者が関与するもとで、数多くの金融取引の清算・決済・記録を集中的に処理することを通じ、当該金融市場インフラがサービスを提供する市場の機能を強化し、金融システムの安定を確保するうえで不可欠な役割を果たしています。

日本銀行は、金融市場インフラの関係者との間で共通の理解を形成し、改善に向けた取り組みを協力して行うことで、個々の金融市場インフラ、ひいてはわが国の金融市場インフラ全体の安全性と効率性を確保する観点から、オーバーサイトを行っています。

なお、海外の主要中央銀行においても、法律上の位置付けは区々ですが、こうした金融市場インフラに対するオーバーサイトが同様に行われています。

関連ページ

オーバーサイトに関する日本銀行の公表資料については、「オーバーサイト」ページをご覧ください。