公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 銀行券(お札)と貨幣(硬貨) > 個人の買い物や企業間の売買などの支払いにおいて、お札や硬貨は何枚でも使うことができますか?

質問個人の買い物や企業間の売買などの支払いにおいて、お札や硬貨は何枚でも使うことができますか?

教えて!にちぎん

回答

日本銀行法第46条第2項では、「日本銀行が発行する銀行券は、法貨として無制限に通用する」として、銀行券(お札)に無制限の強制通用力があることが定められています。このため、円の支払いが必要となる様々な取引において、銀行券は一度に何枚でも使うことができます。

一方、貨幣(硬貨)については、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」において、「貨幣は、額面価格の20倍までを限り、法貨として通用する」(第7条)とされており、銀行券と異なり、一種類の貨幣につき、一度に20枚までに限り、強制通用力を持つことになっています。

参考