公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 日本銀行の目的・業務と組織 > 日本銀行の出資証券とは何ですか?

質問日本銀行の出資証券とは何ですか?

教えて!にちぎん

回答

日本銀行の出資証券とは、日本銀行に対する出資の持ち分を表す有価証券のことです。日本銀行では、日本銀行法第9条に基づき、出資証券を発行しています。

出資証券の詳細については、以下のとおりです。

資本金と出資者

日本銀行の資本金は1億円です。その55%が政府から、45%が民間からの出資です(日本銀行法第8条)。

日本銀行の資本金の業態別出資状況(金額ベース)は、「業務概況書」に公表しています。

券面

出資証券は記名式で、1口券、10口券、100口券、1,000口券および10,000口券の5種類があります。1口の金額は100円です。

出資者の権利

日本銀行の出資者の権利は、会社法の株式会社における株主の権利と、以下の点で異なっています。

  1. (1)日本銀行には、株主総会に相当する出資者総会は存在せず、出資者に議決権の行使が認められていません。
  2. (2)出資者に対する配当率の決定には財務大臣の認可が必要なほか、配当率は年100分の5を超えることはできません(日本銀行法第53条第4項)。
  3. (3)日本銀行が解散した場合の残余財産の分配について、分配額の上限が、払込金額および特別準備金の合計額までに制限されています(日本銀行法第60条第2項、同附則第22条第2項)。

出資証券の売買と価格

日本銀行の出資証券は、東京証券取引所が運営するJASDAQ(ジャスダック)市場への上場銘柄として売買されています。日々の値動きや売買高は、新聞の株式欄等に掲載されています。

具体的な売買方法などについては、証券会社にお問い合わせください。

参考