公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 日本銀行の目的・業務と組織 > 日本銀行ではどのような会計ルールに基づいて会計処理を行っていますか?

質問日本銀行ではどのような会計ルールに基づいて会計処理を行っていますか?

教えて!にちぎん

回答

日本銀行では、中央銀行としての財務の健全性を踏まえながら、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準を尊重して、会計処理を行っています。

日本銀行における会計処理は、日本銀行法、日本銀行法施行令、日本銀行法施行規則および日本銀行定款、の定めによるほか、別に定めのない限り、会計規程の定めに従って行われます(会計規程第2条)。

会計規程とは

日本銀行では、1998年(平成10年)に、財務の透明性を高め、経理基準の明確化を図る観点から、会計処理の原則と手続きを「会計規程」として定め、公表しました。

会計規程では、日本銀行における財務の健全性に関する考え方を包括的に示しています。例えば、予算執行の基準、有価証券の評価方法、引当金の計上基準、自己資本比率の目途などを定めています。

参考