公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 金融システムの安定 > 銀行の自己資本に関する国際統一基準(バーゼル合意に基づく基準)と国内基準の違いを教えてください。

銀行の自己資本に関する国際統一基準(バーゼル合意に基づく基準)と国内基準の違いを教えてください。

教えて!にちぎん

わが国では、銀行業務の健全な運営を保つことを目的として、自己資本に関し、海外営業拠点を有する銀行に対しては国際統一基準の採用が、海外営業拠点を持たない銀行に対しては国内基準の採用が求められています。

国際統一基準では、バーゼル合意に基づき、達成すべき自己資本比率を8%以上と定めています。これに対し、国内基準では、達成すべき自己資本比率を4%以上と定めています。ただし、国際統一基準と国内基準では、自己資本比率の算出方法に違いがあるため、両者の数値を単純に比較できない点には留意する必要があります。

関連ページ

国際統一基準および国内基準に関する詳細については、金融庁のホームページをご覧ください。