公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 広報誌「にちぎん」

広報誌「にちぎん」

「にちぎん」は、日本銀行の政策・業務に関する解説や最近の取り組みのほか、経済社会の将来の方向性を展望できるようなテーマをもとにインタビューや対談などを実施、広くお伝えする広報誌です。発刊日は原則、3・6・9・12月の25日です。
全国の日本銀行本支店および貨幣博物館、旧小樽支店金融資料館等で入手可能です。また、全文をPDFファイル形式で掲載しています。

最新号

62号(2020年夏号)2020年6月25日発刊

62号

  • インタビュー/扉を開く
    世界の壁を超える力 室伏広治(陸上男子ハンマー投げ元日本代表選手/東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター)

過去1年間のバックナンバー

61号(2020年春号)2020年3月25日発刊

61号

  • インタビュー/扉を開く
    エンターテインメント小説は登場人物の数だけ人生がある 池井戸潤(作家)
  • 地域の底力:福岡県朝倉郡東峰村
    厳しい苦難に立ち向かい復興を目指す福岡県東峰村
  • 対談/守・破・創
    偏差値エリートはもういらない 芸事に触れて「真善美」を学べ
    浜田宏一(イェール大学名誉教授・東京大学名誉教授・内閣官房参与)
    櫻井眞(日本銀行政策委員会審議委員)

60号(2019年冬号)2019年12月25日発刊

60号

  • インタビュー/扉を開く
    女性醸造家の熱い思いが生んだ世界に羽ばたく山梨・勝沼のワイン 三澤彩奈(中央葡萄酒株式会社 取締役・栽培醸造部長)
  • 地域の底力:岐阜県美濃市
    地域の伝統を守り未来を見据える「うだつの上がるまち」岐阜県美濃市
  • 対談/守・破・創
    古代の神々が現代に息づく「出雲大社」の悠久なる信仰
    千家和比古(出雲大社権宮司)
    布野幸利(日本銀行政策委員会審議委員)

59号(2019年秋号)2019年9月25日発刊

59号

  • インタビュー/扉を開く
    すべての子の学習権を保障する「みんなの学校」を率いた校長の挑戦 木村泰子(大阪市立大空小学校 初代校長)
  • 地域の底力:岩手県久慈市
    苦難を乗り越え地道な努力を重ねながら未来を切り拓く岩手県久慈市
  • 対談/守・破・創
    知られざる映画に光を当て「批評の力」で世界へ伝える
    佐藤忠男(映画評論家・日本映画大学名誉学長)
    原田泰(日本銀行政策委員会審議委員)

バックナンバー一覧

2005年春号の発刊からすべての号の広報誌「にちぎん」をPDFファイル形式で掲載しています。肩書等は、インタビュー、対談、寄稿当時のものです。

コーナー別

2005年春号の発刊からすべての号の広報誌「にちぎん」の記事を、コーナー別にご覧いただけます。肩書等は、インタビュー、対談、寄稿当時のものです。