公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 広報誌「にちぎん」

広報誌「にちぎん」

「にちぎん」は、日本銀行の政策・業務に関する解説や最近の取り組みのほか、経済社会の将来の方向性を展望できるようなテーマをもとにインタビューや対談などを実施、広くお伝えする広報誌です。発刊日は原則、3・6・9・12月の25日です。
全国の日本銀行本支店および貨幣博物館、旧小樽支店金融資料館等で入手可能です。また、全文をPDFファイル形式で掲載しています。

読者アンケート(外部サイトへのリンク)

最新号

65号(2021年春号)2021年3月25日発刊

65号

  • インタビュー/扉を開く
    進化する「人工知能」の可能性 松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科教授)
  • 地域の底力:宮城県本吉郡南三陸町
    大震災の思いを胸に刻みつつ持続可能な未来を目指す宮城県本吉郡南三陸町
  • 対談/守・破・創
    「隣人を助ける原理」に基づいた小規模分散経済へ転換せよ
    森永卓郎(経済アナリスト・獨協大学経済学部教授)
    片岡剛士(日本銀行政策委員会審議委員)

過去1年間のバックナンバー

64号(2020年冬号)2020年12月25日発刊

64号

  • インタビュー/扉を開く
    宇宙の視座から考える「地球と人類」の未来 毛利衛(日本科学未来館 館長・宇宙飛行士)
  • 地域の底力:兵庫県丹波篠山市
    人々の日常に溶け込む城下町と農村の伝統があらたな価値を生む兵庫県丹波篠山市
  • 対談/守・破・創
    「日本外交の要諦」は、価値観が多様化する現代の課題解決に通底する
    齋木尚子(元外交官・日本ラグビーフットボール協会 理事)
    政井貴子(日本銀行政策委員会審議委員)

63号(2020年秋号)2020年9月25日発刊

63号

  • インタビュー/扉を開く
    日常の観察が生きる「声の演技」 野沢雅子(声優・女優)
  • 地域の底力:新潟県十日町市
    過疎化する地域にアートの力が活性化をもたらす新潟県十日町市
  • 対談/守・破・創
    異なるものとの出会いが生む自分だけの新しい世界の音色
    川井郁子(バイオリニスト・作曲家)
    鈴木人司(日本銀行政策委員会審議委員)

62号(2020年夏号)2020年6月25日発刊

62号

  • インタビュー/扉を開く
    世界の壁を超える力 室伏広治(陸上男子ハンマー投げ元日本代表選手/東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター)

バックナンバー一覧

2005年春号の発刊からすべての号の広報誌「にちぎん」をPDFファイル形式で掲載しています。肩書等は、インタビュー、対談、寄稿当時のものです。

コーナー別

2005年春号の発刊からすべての号の広報誌「にちぎん」の記事を、コーナー別にご覧いただけます。肩書等は、インタビュー、対談、寄稿当時のものです。