公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 1999年 > 当面の金融政策運営について

当面の金融政策運営について

1999年12月17日
日本銀行

 日本銀行は、本日、政策委員会・金融政策決定会合において、当面の金融政策運営について、「ゼロ金利政策」を継続することにより、金融緩和効果の浸透に努めていくことを決定した(賛成多数)。

 すなわち、次回金融政策決定会合までの金融市場調節方針は、以下のとおりである。

 豊富で弾力的な資金供給を行い、無担保コールレート(オーバーナイト物)を、できるだけ低めに推移するよう促す。

以上


(参考)

開催時間
9:00 ~15:44
出席委員
議長 速水 優(総裁)
藤原 作弥(副総裁)
山口 泰 (副総裁)
武富 将 (審議委員)
三木 利夫(審議委員)
中原 伸之(審議委員)
篠塚 英子(審議委員)
植田 和男(審議委員)
田谷 禎三(審議委員)

上記のほか、
原口恒和大蔵省大臣官房総務審議官( 9:00~10:52、13:16~)
大野功統大蔵総括政務次官(10:54~12:15)
小峰隆夫経済企画庁調査局長( 9:00~)
が出席。

 なお、速水委員は、9:00~9:09の間、会議を欠席した。この間、藤原委員が、日本銀行法第16条第5項の規定に基づき、議長の職務を代理した。
 また、山口委員は、9:00~14:35の間、ベルリンにおけるG20出張のため、会議を欠席した。

金融経済月報の公表日時
12月21日(火) 8:50
議事要旨の公表日時
2月16日(水)14:00

以上