公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 > 公表資料 2001年 > 金融調節取引のオファー時刻等について

金融調節取引のオファー時刻等について

2001年 7月17日
日本銀行

今般日本銀行では、手形買入(全店買入)オペの導入等に伴い、2000年12月20日に公表しました「RTGS化実施後の金融調節取引のオファー時刻等について」別紙のとおり変更しましたので、お知らせします。

変更点は次の2点です。

  1. (1)手形買入(全店買入)オペの導入に伴い、同オペに関するタイムテーブルを追加したこと
  2. (2)別紙に掲げるオファーバック時間を前倒すことがあり得る旨の記述を加えたこと(別紙中の注1参照

なお、今後も別紙のタイムテーブルを変更することがあります(その場合は、改めて公表します)。また、金融市場の状況に鑑み、必要に応じ、別紙以外の時刻に金融調節取引のオファー(いわゆる追加オペのオファー)を行うことがある点は、これまでと同様です。

以上


(別紙)

平成13年 7月17日現在

オペに係るタイムテーブル(注1)

1.即日オペについて

表 1.即日オペについて
  短期国債
現先オペ
手形オペ
買現先 売現先 手形買入(本店買入) 手形売出
オファー 9:20 9:20 12:10 9:20 12:10
応募締切時刻 10:20 10:20 13:00 10:20 13:00
オファーバック 10:40頃 10:40頃 13:20頃 10:40頃 13:20頃
書類等の提出締切
時刻(スタート分)
13:00 15:20 13:00 原則15:30
スタート日の
決済タイミング
即時・優先
処理(注2)
3時同時
処理
5時同時
処理(注3)
3時同時
処理
即時処理
(注4)(5時
同時処理前)
書類等の提出締切
時刻(エンド分)
エンド日の10:30
エンド日の
決済タイミング
即時・優先
処理(注2)
1時同時処理または3時同時処理

2−1.先日付オペについて(その1)

表:2−1.先日付オペについて(その1)
  短期国債
現先オペ
国債借入
オペ
短期国債
売買オペ
国債買入
オペ
cp買現先
オペ
買現先 売現先
オファー 10:10 9:30 10:10 10:10
応募締切時刻 11:15 10:30 11:10 13:30
オファーバック 11:35頃 10:50頃 12:10頃 14:10頃
書類等の提出締切
時刻(スタート分)
オファー日
の14:00
オファー日の
翌営業日10:00
スタート日
の9:30
スタート日の
決済タイミング
即時・優先
処理(注2)
3時同時・
一般処理
3時同時・
一般処理
3時同時
処理
書類等の提出締切
時刻(エンド分)
エンド日の
前営業日10:00
エンド日の
9:30
エンド日の
決済タイミング
即時・優先
処理(注2)
即時・優先
処理(注2)
1時同時
処理
オファー日から
スタート日までの
日数(注5)
T+1〜2 T+2 T+3 T+2

2−2.先日付オペについて(その2)

表:2−2.先日付オペについて(その2)
  手形オペ
手形買入
(全店買入)
(13年7月23日から)
手形買入
(本店買入)
手形売出
オファー 12:10 12:10
応募締切時刻 13:30 13:15
オファーバック 14:30頃 13:35頃
書類等の提出締切
時刻(スタート分)
スタート日の11:00 スタート日
の11:00
スタート日
の9:30
スタート日の
決済タイミング
3時同時
処理
1時同時
処理
3時同時
処理
3時同時
処理
書類等の提出締切
時刻(エンド分)
エンド日
の10:30
エンド日の
決済タイミング
1時同時処理 1時同時処理または3時同時処理
オファー日から
スタート日までの
日数(注5)
T+2 T+1〜4
  • (注1)1.、2.とも一般的なタイムテーブルであり、上記とは異なるタイムテーブルでオペが実施されることがあります。また、日本銀行は、1.、2.のオファーバック時間を前倒しすることがあります。
  • (注2)この場合の「即時・優先処理」は、取引先起動の随時決済を意味します。なお、決済は、通常日(国債発行のない日)は15:30まで、利付国債以外の国債(割引国債、割引短期国債および政府短期証券)のみの発行日は16:30まで、利付国債の発行日は17:00までに終えることが必要です。
  • (注3)「5時同時処理」については、通常日(国債発行のない日)は17:00、利付国債以外の国債(割引国債、割引短期国債および政府短期証券)のみの発行日は18:00、利付国債の発行日は18:30から行われます。
  • (注4)この場合の「即時処理」は、日本銀行起動による決済で、原則として、5時同時処理の開始時間の20分前を決済時間とします。
  • (注5)「オファー日からスタート日までの日数」中の例えば「T+2」は、オファー日の2営業日後をスタート日とすることを示します。