公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 > 公表資料 2002年 > (参考)今回決定事項のポイント

(参考)今回決定事項のポイント

2002年 1月16日
日本銀行

1.オペ対象資産・適格担保の拡大

<昨年12月19日の金融政策決定会合の決定>

  1. (1)資産担保CP(ABCP)をCP現先オペの対象および適格担保に加えるための実務的検討を早急に進め、準備が整い次第、決定会合の議を経て、実施に移す。
  2. (2)住宅ローン債権、不動産を裏付け資産とするABSを適格担保に加えるための実務的検討を早急に進め、準備が整い次第、決定会合の議を経て、実施に移す。

下矢印

● 今回、ABCP、住宅ローン債権・不動産を裏付け資産とするABSの適格基準等を決定

(1)ABCPの適格基準

  • 「資産担保債券」に準じる。
  1. (1)裏付資産の信用度
  2. (2)ABCPの仕組みが適正であること(真正売買性、倒産隔離性等)
  3. (3)a-1格相当の格付け取得

(2)住宅ローン債権、不動産を裏付けとするABSの適格基準

  • 現在受け入れているABSの適格基準と同様。
  1. (1)裏付資産の信用度
  2. (2)ABSの仕組みが適正であること(真正売買性、倒産隔離性等)
  3. (3)AAA格相当の格付け取得

(3)パス・スルー債券等の適格化

住宅ローン債権を裏付けとするABS等の債券は、満期以前に元本の一部が分割して償還される仕組みとなっている。こうした償還方法の債券を今回適格化。

担保価額は、「残存元本×85%」とする。

(今後の予定)

  • ABCPの担保受入開始、CP現先オペ対象資産化・・・2月中を目途
  • 不動産・住宅ローン裏付けABS等の担保受入開始・・・遅くとも3月半ばまで

2.国債買入オペの対象銘柄選定ルールの見直し

● 買入対象を、これまでの「利付国債のうち発行後1年以内のものを除く」から「発行後1年以内のもののうち発行年限別の直近発行2銘柄を除く」に拡大。

● 当該ルールは昭和42年の国債買入開始時から導入しているが、国債の発行市場・流通市場は格段に整備されてきているため、これを見直すこととした。

● 国債買入オペの対象銘柄選定ルールの見直しは、金融調節の円滑化に資する。

● 実施は1月17日から。

3.手形オペの対象先選定方式の見直し

  1. (1)手形オペ(全店買入)対象先選定の頻度を、これまでの「年1回」から「年間を通して実施」に変更。

● 手形オペ(全店買入)への参加に意欲をもつ先は、いつでも対象先となることが可能。

● 2月初から公募を開始し、3月中旬を目途に新規オペ先と取引開始。

  1. (2)手形買入(本店買入)オペ対象先選定基準に、「手形買入(全店買入)オペの落札実績」を追加

● 手形オペ(全店買入)のオペ残高は、10兆円程度まで高まっており、オペ対象先の落札能力を判断する際に活用できる。

● 次回選定から適用予定(本年5月頃の予定)。

以上