公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2003年 > 当面の金融政策運営について

当面の金融政策運営について

2003年 3月 5日
日本銀行

 日本銀行は、本日、政策委員会・金融政策決定会合において、次回金融政策決定会合までの金融市場調節方針を、以下のとおりとすることを決定した(全員一致)。

 3月31日までは、日本銀行当座預金残高が15~20兆円程度となるよう金融市場調節を行う。4月1日以後は、日本郵政公社の発足に伴い、日本銀行当座預金残高が17~22兆円程度となるよう金融市場調節を行う。

 なお、当面、年度末に向けて金融市場の安定確保に万全を期すため、必要に応じ、上記目標にかかわらず、一層潤沢な資金供給を行う。

以上


(参考)

開催時間
 3月4日(火)14:01~15:58
 3月5日(水) 9:00~12:32
出席委員
議長 速水 優  (総裁)
藤原 作弥 (副総裁)
山口 泰  (副総裁)
植田 和男 (審議委員)
田谷 禎三 (審議委員)
須田 美矢子(審議委員)
中原 眞  (審議委員)
春  英彦 (審議委員)
福間 年勝 (審議委員)

 上記のほか、

3月4日
津田廣喜 財務省大臣官房総括審議官(14:01~15:58)
小林勇造 内閣府審議官(14:01~15:58)
3月5日
谷口隆義 財務副大臣(9:00~12:11、12:13~12:32)
小林勇造 内閣府審議官(9:00~12:11、12:13~12:32)

が出席。

 なお、藤原委員は、国会出席のため、9:42~11:34の間、会議を欠席した。

金融経済月報の公表日時
3月 6日(木)14:00
議事要旨の公表日時
4月11日(金)14:00

以上