公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2004年 > 国庫の記帳事務、振替事務の電子化について―統合国庫記帳システムの稼働開始―

国庫の記帳事務、振替事務の電子化について

統合国庫記帳システムの稼働開始

2004年 3月22日
日本銀行

 日本銀行では、本日より、日本銀行本支店(33店)と代理店(注)(548店)をネットワークで結ぶ「統合国庫記帳システム」を稼働開始し、全国各地の政府機関口座の受払記帳事務や、口座間の振替事務を電子的に行うこととなりました。これにより、事務のペーパーレス化や振替処理の迅速化を図ります。

  • 日本銀行代理店とは、日本銀行が国庫金受払等の事務を委嘱した金融機関の店舗です。
  • (図1)従来の事務、および(図2)電子化後の事務
  • 上図の説明

 本件は、日本銀行が進めてきた「国庫金事務の電子化」の一環です。日本銀行はこれまで、「国庫金事務の電子化」について以下のような資料を公表しています。
本ホームページ参照)

以上

本件に関する問合せ先

日本銀行業務局総務課

秋山 03-3277-2250(直通)
osamu.akiyama@boj.or.jp