公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2004年 > アジア・ボンド・ファンド2への応募について

アジア・ボンド・ファンド2への応募について

2004年12月16日
日本銀行

日本銀行は、東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP、Executives' Meeting of East Asia-Pacific Central Banks1)を通じた中央銀行間協力の一環として創設されるアジアの現地通貨建て債券を運用対象とするアジア・ボンド・ファンド2(ABF2)に、応募することを決定した。

応募金額は、2億米ドルを上限とする。

ABF2は、アジアの債券市場育成を目的としており、2003年6月に開始された、アジア・ボンド・ファンド1(ABF1)の成功に続くものである。

ABF1は、現在、EMEAP8ヶ国・地域(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)の米ドル建てソブリン債および準ソブリン債に投資されている。一方、ABF2は、上記8カ国・地域の現地通貨建てのソブリン債および準ソブリン債を投資対象とするものである。また、ABF2は、今後、他の公的・民間投資家へ開放することを予定している。

ABF2の創設は、アジア・オセアニア地域の中央銀行間協力の深化を象徴するものである。ABF2は、中長期的には、より効率的な資金仲介の実現を通じて、地域の金融システム安定にも貢献するものである。

  1. EMEAPの構成メンバーは、オーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイの11ヶ国・地域の中央銀行・通貨当局。