公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2005年 > バーゼル銀行監督委員会による「定量的影響度調査(Quantitative Impact Study <QIS>)」関連情報の更新について

バーゼル銀行監督委員会による「定量的影響度調査(Quantitative Impact Study <QIS>)」関連情報の更新について

2005年 1月11日
日本銀行

 バーゼル銀行監督委員会は、12月20日にBISのウェブサイトに掲載している「定量的影響度調査 (Quantitative Impact Study <QIS>) 」関連情報を更新し、各国が任意に行う予定であるバーゼルII(新BIS規制案)にかかる国内影響度調査 (national impact studies) の情報を追加しました(http://www.bis.org/bcbs/qis/index.htm(外部サイトへのリンク))。

 このサイトには、当該調査を実施する国が活用可能な「調査シート (workbook) 」(Excelファイル) の雛型及びシートへの「入力要領 (instruction) 」も掲載されています。