公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2009年 > バーゼル銀行監督委員会による銀行セクターの強靭性を強化するための市中協議文書の公表について

バーゼル銀行監督委員会による銀行セクターの強靭性を強化するための市中協議文書の公表について

2009年12月17日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下「バーゼル委」といいます。)は、12月17日、銀行セクターの強靭性を強化するための、以下の2つの市中協議文書を公表しました。

  1. 「銀行セクターの強靭性の強化」(原題:Strengthening the resilience of the banking sector
  2. 「流動性リスク計測、基準、モニタリングのための国際的枠組み」(原題:International framework for liquidity risk measurement, standards and monitoring

これらの市中協議文書の中で示されている提案は、規制、監督及び国際的な銀行のリスク管理に関して、今般の危機から得られた教訓に対処するための包括的なバーゼル委の対応の一部です。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

市中協議文書に関する金融庁・日本銀行作成説明資料(注)

  • 1月18日に追加掲載しました。

以上