公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2009年 > 金融高度化セミナー「新たな業務継続計画 新型インフルエンザ対策」を開催

金融高度化セミナー「新たな業務継続計画 新型インフルエンザ対策」を開催

2009年2月18日
日本銀行金融機構局
金融高度化センター

金融高度化センターと全国銀行協会との共催により、2009年2月18日、千代田区の砂防会館において、「新たな業務継続計画 新型インフルエンザ対策」と題する金融高度化セミナーを開催しました。

本セミナーは、各金融機関の業務継続計画の策定を担当されている経営陣から担当者までを対象に、新型インフルエンザ対策の緊要性につき認識を共有するとともに、対策策定上の参考に供するため、さまざまな専門分野の講師陣による講義と実務経験者によるステージワイド訓練(1つの訓練シナリオにもとづくパネルディスカッション)を行いました。なお、参加者数は、約540名でした。

セミナーのプログラムと講演資料については、以下をご参照ください。

講演

演習

パネリスト

  • 高橋 直人 氏(みずほフィナンシャルグループ 経営企画部 次長)
  • 渡邉 展文 氏(三菱UFJ信託銀行 経営管理部 主任調査役)
  • 原  正人 氏(千葉銀行 リスク・コンプライアンス統括部 マネージャー)
  • 坂本 英也 氏(日本通運株式会社 総務・労働部 課長)
  • 大山 陽久 (日本銀行 金融機構局 企画役)

モデレータ

深谷 純子 氏(特定非営利活動法人 事業継続推進機構 理事)

シナリオ・テラー

矢島 典子 氏(特定非営利活動法人 事業継続推進機構 新型インフルエンザ対策研究会 副座長)

  • 2009年4月28日追加掲載