公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2020年 > 主要中央銀行による中央銀行デジタル通貨(CBDC)の活用可能性を評価するためのグループの設立

主要中央銀行による中央銀行デジタル通貨(CBDC)の活用可能性を評価するためのグループの設立

2020年1月21日
日本銀行

カナダ銀行、イングランド銀行、日本銀行、欧州中央銀行、スウェーデン・リクスバンク、スイス国民銀行、国際決済銀行(BIS)は、それぞれの国・地域において中央銀行デジタル通貨の活用可能性の評価に関する知見を共有するために、グループを設立した。

このグループは、中央銀行デジタル通貨の活用のあり方、クロスボーダーの相互運用性を含む経済面、機能面、技術面での設計の選択肢を評価するとともに、先端的な技術について知見を共有する。グループは、関連する機関やフォーラム、特に金融安定理事会(FSB)とBIS決済・市場インフラ委員会(CPMI)と緊密に連携していく。

グループは、Benoit Coeure BISイノベーション・ハブ局長とJon Cunliffeイングランド銀行副総裁・BIS CPMI議長が共同議長を務め、参加機関の幹部で構成される。