公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2020年 > 学生向けコンテスト「第16回 日銀グランプリ」決勝大会(12月19日実施)について

学生向けコンテスト「第16回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」決勝大会の実施について

2020年11月24日
日本銀行

大学生の皆さんを主な対象とする金融・経済分野の小論文・プレゼンテーションのコンテスト「第16回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」には、全国の大学から112編の応募がありました。

日本銀行では、書類審査により決勝進出チームおよびこれに次ぐ奨励賞チームを選定し、下記のとおり決勝大会を実施します。決勝大会では、論文内容にプレゼンテーションおよび審査員との質疑応答内容を加味して、最優秀賞・優秀賞等が選ばれます。

1. 日時

12月19日(土)13:00~18:30

2. 会場

日本銀行本店(東京都中央区日本橋本石町2-1-1)

本店内の複数の会場をリモート接続する形で実施します。

3. 決勝進出チーム

東京大学・一橋大学、同志社大学、明治大学、東京経済大学、麗澤大学の5チーム(別紙1

各チームがプレゼンテーション(15分)を行った後、審査員との間で質疑応答(15分程度)を行います。

なお、決勝進出には至らなかったものの、書類審査の結果、決勝進出チームに次ぐ上位にランクされた5チームを奨励賞として選定しました(別紙2)。

応募のあった学校名・氏名・論文のタイトルは別紙3の通りです。

4. 審査員

審査員長:
若田部 昌澄(日本銀行副総裁)
審査員:
市川 晃  (経済同友会 副代表幹事、住友林業株式会社 代表取締役 会長)
田代 桂子 (株式会社大和証券グループ本社 取締役兼執行役副社長)
櫻井 眞  (日本銀行政策委員会審議委員)
政井 貴子 (日本銀行政策委員会審議委員)

照会先

情報サービス局総務企画グループ

広木
Tel : 03-3277-1609(直通)

(別紙1)決勝進出チーム

表 決勝進出チーム(応募受付順、敬称略)
決勝進出チーム タイトル
黒木 壮太  (東京大学経済学部)
末田 祐介  (東京大学法学部)
米林 拓大  (東京大学教育学部)
荒川 恵美  (一橋大学社会学部)
二人の未来予想図
~金融機関発・新しいマッチングアプリ~
雨宮 優花  (同志社大学政策学部)
今井 健涼  (同志社大学政策学部)
瀧本 早彩  (同志社大学政策学部)
中島 里紗  (同志社大学政策学部)
渡辺 大誠  (同志社大学政策学部)
空き家REITで空き家をがらリート
~空き家問題解決しなあきやへんで!~
西澤 周平  (明治大学商学部)
中山 恵介  (明治大学商学部)
高橋 颯斗  (明治大学商学部)
中村 颯斗  (明治大学商学部)
年金タイムトラベル・レクチャー
~将来の自分との対話による年金教育の提案~
昇 怜音   (東京経済大学経済学部)
古田 美佳  (東京経済大学経済学部)
井川 聡   (東京経済大学経済学部)
古村 拓海  (東京経済大学経営学部)
あつまれ六次産業化ホールディングス
~若者の就農と定着に向けた、現状調査と持株会社の提案~
林 空    (麗澤大学経済学部)
星 俊祐   (麗澤大学経済学部)
齋藤 航平  (麗澤大学経済学部)
谷垣 友彩  (麗澤大学経済学部)
吉田 瑛彦  (麗澤大学経済学部)
株学習を楽しく分かりやすく
~「スタかぶ」の提案~

(別紙2)奨励賞チーム

表 奨励賞チーム(応募受付順、敬称略)
奨励賞チーム タイトル
野口 稜斗  (愛知大学経済学部)
柴田 祐希  (愛知大学経済学部)
長野 拓実  (愛知大学経済学部)
新美 敦也  (愛知大学経済学部)
増田 和輝  (愛知大学経済学部)
Go To Invest
~誰もが気軽に投資へ~
横田 凜久  (埼玉大学経済学部)
小島 主慈  (埼玉大学経済学部)
ポイント還元によるベーシックインカム
佐川 寛武  (東京理科大学経営学部)
岡村 奎衣  (東京理科大学経営学部)
久保田 理紗子(東京理科大学経営学部)
真田 武瑠  (東京理科大学経営学部)
柴田 昌   (東京理科大学経営学部)
サブスク型商品券による飲食店救済保険
~コロナ禍に学べ!飲食店を救う3者3得保険の提案~
遠藤 唯萌  (東洋大学法学部)
岡野 愛   (東洋大学法学部)
SDGsホテル」の提言
― 地方創生における分散型ホテルへの投資の可能性とその地理的文脈 ―
内藤 未来  (中央大学法学部)
松井 文香  (中央大学法学部)
浅沼 百士  (中央大学法学部)
保坂 健人  (中央大学法学部)
藤田 菜乃歌 (中央大学法学部)
DX時代の中小企業向け金融の新手法
― 既存の中小企業金融の限界の打破から企業将来価値ベースのファイナンスへ

(別紙3)