公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2021年 > EMEAPメンバー中央銀行によるアジア・ボンド・ファンドを通じたグリーンボンドへの投資拡大について

EMEAPメンバー中央銀行によるアジア・ボンド・ファンドを通じたグリーンボンドへの投資拡大について

2021年7月12日
日本銀行

EMEAP1Executives' Meeting of East Asia-Pacific Central Banks)メンバー中央銀行は、アジア・ボンド・ファンド2を通じたグリーンボンドの投資拡大に合意しました(原題:Press Statement "EMEAP Central Banks Agreed to Promote Green Bond Investment through Asian Bond Fund")。

  1. 正式名称は、東アジア・オセアニア中央銀行役員会議。オーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイの11ヶ国・地域の中央銀行・通貨当局から構成される。
  2. EMEAP各国・地域(オーストラリア、日本、ニュージーランドを除く8ヶ国・地域)の発行体の現地通貨建てソブリン・準ソブリン債に投資している。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

照会先

国際局国際連携課

Tel : 03-3277-3096