公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2022年 > CPMI報告書「クロスボーダー送金のための決済システムアクセスの改善:自己評価のためのベスト・プラクティス」の公表

BIS決済・市場インフラ委員会による報告書「クロスボーダー送金のための決済システムアクセスの改善:自己評価のためのベスト・プラクティス」の公表について

2022年5月13日
日本銀行

BIS決済・市場インフラ委員会(CPMI)は、5月12日、「クロスボーダー送金のための決済システムアクセスの改善:自己評価のためのベスト・プラクティス」(原題:Improving access to payment systems for cross-border payments: best practices for self-assessments)と題する報告書を公表しました。

クロスボーダー送金の改善については、2020年10月のG20で具体的なアクションやタイムラインを含むロードマップが承認されました。今回公表された報告書は、ロードマップで定められている19の構成要素(building block<BB>)のうち、BB10の主要な決済システムへのアクセスの改善について、各国当局や決済システム運営者が検討する際の自己評価の枠組みを示しています。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

報告書のエグゼクティブ・サマリー(仮訳 [PDF 410KB])

関連サイト : 国際決済銀行ウェブサイト(外部サイトへのリンク)