国際金融 

ホーム > 国際金融 > 国際金融に関連する論文等の一覧

国際金融に関連する論文等の一覧

論文等の一覧
掲載日 タイトル
2011年 3月 4日 最近の国際商品市況上昇の背景 ― 世界的に緩和した金融環境とコモディティの金融商品化の影響 ―  
2010年12月27日 米国の構造失業率を巡る最近の論点 
2010年12月22日 新興国への資本流入と米国への還流について 
2010年 8月16日 Contingent Capitalに関する一考察 
2010年 5月27日 2009年末の本邦対外資産負債残高 
2010年 3月19日 レバレッジ規制の有効性に関する一考察 
2010年 3月 5日 2009年の国際収支(速報)動向 
2009年 7月 9日 国際金融ネットワークからみた世界的な金融危機 
2009年 5月26日 2008年末の本邦対外資産負債残高 
2009年 3月24日 2008年の国際収支(速報)動向 
2008年 8月27日 本邦外為証拠金取引の最近の動向 
2008年 7月16日 主要通貨市場における資金需給逼迫の波及メカニズム 
2008年 6月 9日 アジア為替市場の取引状況 
2007年10月12日 コモディティ市場のモニタリング~国際金融市場動向を理解する視点から~ 
2007年 9月21日 ネットワーク分析からみた国際的な銀行与信関係の発展 
2006年12月 7日 対外面からみた東アジア経済および金融の特色 ―域内経済・金融の統合論議を念頭に― 
2006年11月30日 ヘッジファンドの投資行動変化と金融市場への影響 ~ポジションの集中および投資対象拡大と市場流動性リスク~ 
2006年11月15日 アジア通貨単位から通貨同盟までは遠い道か 
2006年10月27日 アジアにおける日系企業の財務活動を巡る諸論点 ──「アジアにおける日系企業の財務活動に関する研究会」における議論のとりまとめ 
2006年 8月 7日 中国における企業借入のパネル分析 ─ 市場原理はどこまで浸透したか ─ 
2006年 6月22日 「旅行サービス」推計方法を巡る議論と課題 
2006年 4月14日 市場リスク・モニタリングに関する新たな試み~「日米欧共催コンファレンス」における議論を踏まえて~ 
2006年 1月26日 アジア諸国における債券のクロスボーダー取引阻害要因 
2005年12月26日 国際的な労働者送金に関する統計整備 
2005年10月28日 アジアの債券市場育成とアジアボンドファンド 
2005年 7月 7日 ヘッジファンドを巡る最近の動向 
2005年 7月 1日 米国地方銀行における非金利収入の実情 
2005年 6月 6日 中国の台頭とNIEs、ASEANの構造調整 ~競合か補完か~ 
2005年 6月 3日 金融政策の不確実性と市場金利:米国長期金利の「謎」を考える(要旨) 
2005年 5月16日 米国の長期金利の「謎」を考える: 金融政策との関連を中心に 
2005年 5月12日 中国のインフレ変動 
2005年 4月 8日 FATS統計 ――広義のサービス貿易に関する統計整備 
2005年 3月29日 東アジアの政策協調(要旨) 
2005年 1月26日 わが国の外為・デリバティブ市場の最近の動向 ~BISサーベイの特徴点~ 
2005年 1月24日 東アジアのプレゼンスの高まりと国際的な景気循環 
2005年 1月24日 EMEAP中銀のバランスシートと市場リスク管理 
2004年12月29日 我が国の対日投資促進策等が直接投資統計に与える影響について 
2004年10月19日 海外における協同組織金融機関の現状 
2004年10月14日 アジアにおける金融セクター向け直接投資の活発化 
2004年10月12日 新BIS規制案の特徴と金融システムへの影響 
2004年 9月29日 国際収支関連統計の見直しについて 
2004年 9月27日 ディスインフレ期における米国の金融政策 (要旨) 
2004年 9月 8日 直接投資における間接出資先の取扱いについて 
2004年 8月17日 フィリップス曲線、粘着価格モデルと一般物価変動 ―米国のディスインフレの経験から― 
2004年 4月26日 わが国物価連動国債の商品性と役割について ~米英における経験を踏まえて~ 
2004年 4月 2日 国際産業連関表からみたアジア太平洋経済の相互依存関係 ―投入係数の予測に基づく分析― 
2004年 3月 2日 特許等使用料収支の黒字化について 
2004年 2月26日 東京外国為替市場委員会の活動 ――市場参加者相互の協力による市場整備の一例―― 
2004年 2月25日 東アジア向け輸出はなぜ伸びる ――構造VARで検証する中国以外の理由―― 
2003年12月25日 国債市場の流動性に関する考察 ――日中ビッドアスク・スプレッド分析を中心に――