金融政策

ホーム > 金融政策 > 経済・物価情勢の展望(展望レポート) > 展望レポート・ハイライト > 展望レポートのハイライト(2022年7月)

展望レポート・ハイライト(2022年7月)
経済・物価情勢の展望

インフォグラフィックス画像、内容(日本経済は回復に向かう)は本文のとおり

日本経済は回復に向かう

日本経済は、ウクライナ情勢等を受けた資源価格上昇により下押しされますが、感染症の消費への影響が和らぎ、 部品調達難も解消に向かうなかで、回復していきます。


インフォグラフィックス画像、内容(物価は上昇率を高めたあと減速する)は本文のとおり

物価は上昇率を高めたあと減速する

消費者物価の前年比は、本年末にかけてエネルギー価格、食料品、耐久財などの上昇からいったん上昇率が高まりますが、その後は減速します。エネルギー価格を除いてみると、消費者物価の前年比は、緩やかに上昇していきます。


インフォグラフィックス画像、内容(感染症、ウクライナ情勢、市場動向に注意)は本文のとおり

感染症、ウクライナ情勢、
市場動向に注意

経済・物価見通しのリスク要因としては、感染症の動向、ウクライナ情勢の展開、資源価格や海外の経済・物価の動向に注意が必要です。また、金融・為替市場の動向と日本経済・物価への影響にも十分注意を払う必要があります。


インフォグラフィックス画像、内容(強力な金融緩和を継続する)は本文のとおり

強力な金融緩和を継続する

日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の持続的・安定的な実現を目指しています。また、感染症からの回復を支援するため、資金繰り支援と金融市場の安定に努めていきます。


政策委員の経済・物価見通し

  • 実質GDPの前年比(%)を折れ線グラフで表したインフォグラフィックス画像、折れ線グラフのデータは、2019年度実績-0.7%、2020年度実績-4.5%、2021年度実績+2.2%、2022年度見通し+2.4%、2023年度見通し+2.0%、2024年度見通し+1.3%
  • 消費者物価指数(除く生鮮食品)の前年比(%)を折れ線グラフで表したインフォグラフィックス画像、折れ線グラフのデータは、2019年度実績+0.6%、2020年度実績-0.4%、2021年度実績+0.1%、2022年度見通し+2.3%、2023年度見通し+1.4、2024年度見通し+1.3%

展望レポート

「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)の基本的見解および背景説明を含む全文については、以下をご参照ください。