調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 金融システムレポート > 金融システムレポート別冊「地域金融強化に向けた取り組み」

地域金融強化に向けた取り組み―地域金融機関の経営基盤強化と日本銀行の施策―

2021年9月10日
日本銀行金融機構局

要旨

日本銀行は、2021年3月、「地域金融強化のための特別当座預金制度」の運用を開始した。本制度は、一定の経営基盤強化を実現した地域金融機関に対して特別付利を行うことで、金融機関の取り組みを後押しするものである。ここ10年、地域金融機関の経営効率を表すOHRは、悪化傾向が続いてきた。金融機関経営には様々な戦略・アプローチが考えられ得るが、本制度に参加する金融機関には、収益力強化と経費削減の両面から経営基盤を強化することで、将来にわたって地域金融サービスを持続的に提供していくことが期待されている。本稿では、本制度の背景にある考え方とともに、経営基盤強化に向けた地域金融機関の様々な取り組みを解説する。

日本銀行から

本レポートの内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行金融機構局までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。

照会先

金融機構局金融第2課

E-mail : post.fsbe2@boj.or.jp