調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2009年 > 最近の電子マネーの動向について(2008年度)

最近の電子マネーの動向について(2008年度)

2009年7月10日
日本銀行決済機構局

要旨

 日本銀行決済機構局は、2007年度に続き、今般、主要電子マネーの2008年度の利用動向に関する計数を取りまとめた。電子マネーの決済件数・金額は、「電子マネー元年」と呼ばれた2007年度以降も増加を続け、発行枚数も2009年1月に1億枚を超えた。主要な電子マネーが利用可能な地域も全国的に拡がっており、電子マネーは小口決済手段のひとつとして一定の位置を占めつつあるように窺われる。

 もっとも、現金やマネーストックとの対比でみた電子マネーの発行残高は、引続き極めて低い水準にとどまっており、電子マネーの動向が決済システムや金融システム全体に大きな影響を与えるには至っていない。電子マネーの動向については、わが国決済に占める位置付けを含め、今後も注目していく必要がある。

本件に関する照会先

日本銀行決済機構局

中山 靖司
E-mail:yasushi.nakayama@boj.or.jp
電話:03-3277-1018

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行決済機構局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。