調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2011年 > (論文)2010年の国際収支(速報)動向

2010年の国際収支(速報)動向

2011年3月
日本銀行国際局

概要

経常収支は、3年振りに黒字が拡大した(09年 13.3兆円→10年 17.1兆円)。

資本収支は、流出超が継続した(09年 △12.6兆円→10年 △12.9兆円)。

外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(09年 △2.5兆円→10年 △3.8兆円<△=外貨準備の増加を示す>)。

本文・BOX中の10年、同第4四半期の国際収支の計数は全て速報値。

国際収支統計では、「経常収支+資本収支+外貨準備増減+誤差脱漏≡0」という関係式が常に成立っている。10年をみると、経常収支で稼いだ黒字を資本収支の流出超と外貨準備の増加を通じて海外に還流させた姿となっている。

国際収支の推移

国際収支の概要

  • (注1)△は、赤字または資本流出。外貨準備増減は、△が増加を示す。
  • (注2)証券投資及びその他投資は、証券貸借取引を除くベース。
  • (注3)pは、速報を表す(以下同じ)。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行国際局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。