調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2011年 > (論文)2010年末の本邦対外資産負債残高

2010年末の本邦対外資産負債残高

2011年5月26日
日本銀行国際局

要旨

1. 10年末の本邦対外資産負債残高

対外資産残高は、円高に伴い円建評価額が低下したものの、(1)対外証券投資の増加、(2)株価上昇・金利低下に伴う証券価格の上昇から増加した。一方、対外負債残高は、(1)対内証券投資の増加、(2)借入の拡大から増加した。対外純資産残高は、対外負債残高の増加幅が対外資産残高の増加幅を上回ったことから、減少した(08年225.5兆円→09年266.2兆円→10年251.5兆円)。

  • 対外資産負債残高

2. 項目別の特徴点

(1)直接投資残高(対外直接投資:67.7兆円、対内直接投資:17.5兆円)

対外直接投資残高は、0.5兆円(△0.8%)減少した。
対内直接投資残高は、0.9兆円(△5.0%)減少した。

(2)証券投資残高(対外証券投資:272.5兆円、対内証券投資:152.5兆円)

対外証券投資残高は、10.5兆円(+4.0%)増加した。
対内証券投資残高も、10.6兆円(+7.4%)増加した。

(3)金融派生商品残高(資産:4.3兆円、負債:5.3兆円)

資産・負債ともに前年並みであった。

(4)その他投資残高(資産:129.7兆円、負債:136.8兆円)

資産残高は、6.1兆円(+4.9%)増加した。
負債残高も、13.7兆円(+11.2%)増加した。

(5)外貨準備残高(資産:89.3兆円)

7.4兆円(△7.7%)減少した。

本邦対外資産負債残高は、財務省・日本銀行が「平成22年末現在本邦対外資産負債残高」として5月24日に公表したもの。地域別残高計数本ホームページにおいて公表している。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行国際局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。