調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2012年 > (論文)2011年の国際収支動向

2011年の国際収支動向

2012年4月20日
日本銀行国際局

概要

経常収支は、貿易収支の赤字転化を主因に、黒字が縮小した(10年 17.9兆円→11年9.6兆円)。

資本収支は、対外証券投資の取得(流出)超幅が縮小し、対内証券投資の取得(流入)超幅が拡大したことから、7年振りに流入超に転化した(10年 △12.0兆円→11年 6.3兆円)。

外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(10年 △3.8兆円→11年 △13.8兆円<△=外貨準備の増加を示す>)。

国際収支の推移

  • (注1)資本収支及び外貨準備増減の(△)は、資本の流出(資産の増加、負債の減少)を示す。
  • (注2)資本収支のうち証券投資とその他投資は、証券貸借取引を除くベース。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行国際局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。