調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2012年 > (論文)2011年末の本邦対外資産負債残高

2011年末の本邦対外資産負債残高

2012年5月31日
日本銀行国際局

要旨

1. 11年末の本邦対外資産負債残高

対外資産は、円高進行に伴い円建評価額が低下したが、外貨準備および貸付の残高が増加したため、全体では増加した。一方、対外負債は、本邦株価下落による対内株式投資残高の減少にもかかわらず、対内短期債投資および借入の残高が増加したため、全体では増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから、増加した(10年251.5兆円→11年253.0兆円)。

  • 対外資産負債残高

2. 項目別の特徴点

(1)直接投資残高(対外直接投資:74.8兆円、対内直接投資:17.5兆円)

対外直接投資残高は、7.1兆円(+10.5%)増加した。
対内直接投資残高は、前年並みであった。

(2)証券投資残高(対外証券投資:262.3兆円、対内証券投資:157.5兆円)

対外証券投資残高は、10.2兆円(△3.7%)減少した。
対内証券投資残高は、5.0兆円(+3.3%)増加した。

(3)金融派生商品残高(資産:4.2兆円、負債:5.6兆円)

資産・負債ともに前年並みであった。

(4)その他投資残高(資産:140.2兆円、負債:148.4兆円)

資産残高は、10.5兆円(+8.1%)増加した。
負債残高も、11.6兆円(+8.4%)増加した。

(5)外貨準備残高(資産:100.5兆円)

11.2兆円(+12.5%)増加した。

本邦対外資産負債残高は、財務省・日本銀行が「平成23年末本邦対外資産負債残高」として5月22日に公表したもの。地域別残高計数本ホームページにおいて公表している。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行国際局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。