調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 金融研究所論文 > 金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ > 金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ(2005年収録分)

金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ

2005年収録分

日本銀行金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズは、金融研究所スタッフおよび外部研究者による研究成果をとりまとめたもので、学界、研究機関等、関連する方々から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

タイトルをクリックすると論文の要約が掲載されています。

表 金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ
No. 著者 タイトル/キーワード 年月 全文 (PDF)
2005-J-24 森 毅 金融商品の公正価値測定における大量保有要因を巡る論点
/会計情報の質的特性、経営者の意図、公正価値測定、事業投資と金融投資、大量保有要因
2005-12 289 KB
2005-J-23 寺西 重郎 戦前日本の金融システムは銀行中心であったか
/戦前の日本、金融システム、銀行、株式市場、企業統治、リスク負担、情報生産
2005-12 146 KB
2005-J-22 宇根 正志、神田 雅透 暗号アルゴリズムにおける2010年問題について
/暗号アルゴリズム、共通鍵暗号、公開鍵暗号、セキュリティ、2010年問題、ハッシュ関数、トリプルDES、RC4、RSA、SHA-1
2005-11 543 KB
2005-J-21 板橋 淳志 条件付償還義務株式の会計処理について
/偶発事象、条件付債務、償還株式、優先株式、負債と資本の区分、複合金融商品
2005-11 323 KB
2005-J-20 梅田 雅信 1930年代前半における日本のデフレ脱却の背景:為替レート政策、金融政策、財政政策
/物価の国際間の連動性、為替レートの下落放任、金融変数、財政変数
2005-10 440 KB
2005-J-19 戸坂 凡展 、吉羽 要直 コピュラの金融実務での具体的な活用方法の解説
/コピュラ、多変量分布、最尤法、乱数、相関、裾依存
2005-10 650 KB
2005-J-18 大貫 摩里 日本銀行のネットワークと金融市場の統合
日本銀行設立前後から20世紀初頭にかけて

/金融市場の統合、決済ネットワーク、日本銀行、コルレス網、為替取引、資金移動
2005-09 666 KB
2005-J-17 黒田 祥子、山本 勲 名目賃金の下方硬直性を巡る論点と政策含意:
1990年代のわが国の経験を中心に

/名目賃金の下方硬直性、インフレ率、失業率、金融政策
2005-09 171 KB
2005-J-16 黒田 祥子、山本 勲 なぜ名目賃金には下方硬直性があり、わが国ではその度合いが小さいのか?:
行動経済学と労働市場特性・マクロ経済環境の違いによる説明

/名目賃金の下方硬直性、行動経済学、労働移動、解雇法制、インフレ率、物価インデックス化
2005-08 345 KB
2005-J-15 宇根 正志、田村 裕子 生体認証における生体検知機能について
/生体認証、生体検知、セキュリティ、脆弱性、指紋、静脈パターン、虹彩
2005-08 425 KB
2005-J-14 藤木 裕 金融政策における委員会制とインセンティブ問題
/中央銀行の独立性、金融政策委員会、投票、透明性、コミットメント
2005-08 520 KB
2005-J-13 モーリス・オブストフェルド 米国の対外赤字は世界全体の問題か
/経常収支調整、国際資本移動、為替レート
2005-07 73 KB
2005-J-12 ベネット・T・マッカラム 金融政策の最適性に関する適切なパースペクティブは何か?
/政策ルール、動学的不整合性、タイムレス・パースペクテイブ
2005-07 150 KB
2005-J-11 塩路 悦朗、藤木 裕 金融不安・低金利と通貨需要
「家計の金融資産に関する世論調査」を用いた分析

/貨幣需要、低金利、金融不安、マイクロ・データ、自己選択バイアス、金融教育、組み合わせの選択、金額の選択
2005-06 776 KB
2005-J-10 南條 隆、粕谷 誠 銀行のポートフォリオ選択の効率性に関する一考察
戦前期日本における普通銀行の資産運用を事例として

/戦間期経済、戦時経済、ポートフォリオ選択、地方銀行、金融システムの効率性
2005-06 690 KB
2005-J-9 山本 慶子 再建型倒産手続に関する一考察
「法と経済学」の視点から

/倒産手続の法と経済学、会社更生法、民事再生法、財産評定制度、更生担保権
2005-06 516 KB
2005-J-8 横溝 大 外国中央銀行に対する民事裁判および民事執行
/外国中央銀行、主権免除、国際民事手続法
2005-06 651 KB
2005-J-7 吉田 慶太 金融資産の譲渡の会計処理に関する一考察
利益計算との関係を中心に

/金融資産の譲渡、認識・認識中止、利益計算、証券化、財務構成要素アプローチ、リスク・経済価値アプローチ、リスクと便益
2005-04 158 KB
2005-J-6 岩下 直行 金融業界における情報システムの脆弱性検知と情報共有
/脆弱性、情報セキュリティ対策、脆弱性関連情報届出制度、偽造キャッシュカード、インターネット・バンキング
2005-04 128 KB
2005-J-5 山嵜 輝 住宅ローン債権担保証券のプライシング手法について
— 期限前償還リスクを持つ金融商品の価格の算出 —

/MBS、プリペイメント・リスク、ハザード・モデル、スポットレート・モデル
2005-04 534 KB
2005-J-4 安藤 美孝 与信ポートフォリオの信用リスクの解析的な評価方法
極限損失分布およびグラニュラリティ調整を軸に

/信用リスク、与信ポートフォリオ、極限損失分布、グラニュラリティ調整、マートン型モデル、証券化商品
2005-04 949 KB
2005-J-3 古市 峰子、森 毅 中央銀行の財務報告の目的・意義と会計処理をめぐる論点
/中央銀行、財務報告、非営利法人会計、アカウンタビリティ、透明性
2005-03 628 KB
2005-J-2 宇根 正志、松本 勉 生体認証システムの脆弱性について
身体的特徴の偽造に関する脆弱性を中心に

/生体認証技術、脆弱性、セキュリティ
2005-03 350 KB
2005-J-1 中久木 雅之、藤木 裕 非対称ショックと地域間リスク・シェアリング
- わが国の都道府県別データによる検証 -

/地域別ショック、リスク・シェアリング
2005-01 274 KB