調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > マーケット・レビュー > 米国の国債管理政策~国債管理の手法と運用~

米国の国債管理政策

〜国債管理の手法と運用〜

2003年 1月30日
花尻哲郎
二宮拓人
植木修康

日本銀行から

マーケット・レビューは、金融市場に関する理解を深めるための材料提供を目的として、日本銀行金融市場局が編集・発行しているものです。ただし、レポートで示された意見は執筆者に属し、日本銀行の見解を示すものではありません。

内容に関するご質問は、日本銀行金融市場局 清水までお寄せ下さい。

以下には、(要旨)を掲載しています。全文は、こちら (kmr03j01.pdf 49KB) から入手できます。

要旨

 米国の国債市場では、政府による国債管理政策の手法が充実しており、運用面でも着実に実績が蓄積されている。米国における国債管理政策の特徴としては、政策運営の透明性確保に配慮する一方、市場流動性の維持・向上を重視して財政・金融環境の変化に柔軟に対応していることが挙げられる。もっとも、こうした柔軟な政策変更が、市場にインパクトを与えるケースもみられている。近年、わが国においても、買入消却など、国債管理政策の手法が拡充されてきている。これらの手法の円滑な運用に当たっては、こうした米国の経験を生かし、政策運営の透明性・予測可能性を確保していくことも重要である。