調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2006年 > インターネットバンキングの安全性を巡る現状と課題

インターネットバンキングの安全性を巡る現状と課題

2006年7月28日
決済機構局
中山 靖司

要旨

金融機関は偽造キャッシュカード問題への対応に加え、インターネットバンキングを対象とした犯罪についても、対策を進める必要がある。最新の犯罪動向およびその対策方法をフォローしつつ、被害が深刻化する前に、本人認証の強化、不正取引監視等の適切な対策を講じること、また、利用者に対する啓蒙を一段と進めることが重要である。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するものです。
ただし、レポートで示された意見や解釈に当たる部分は、執筆者に属し、必ずしも日本銀行の見解を示すものではありません。

内容に関するご質問は、決済機構局 中山 靖司までお寄せ下さい。