調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2010年 > 金融市場横断的な業務継続体制の整備 ― 各市場における取組みと市場間連携の強化 ―

金融市場横断的な業務継続体制の整備

各市場における取組みと市場間連携の強化

2010年10月15日
金融市場局
小澤佳久*、田尾一輝、古賀仁

  • 現総務人事局

要旨

災害発生時に金融市場の機能を維持するためには、個々の市場参加者や取引・決済インフラにおける業務継続計画(BCP)の整備に加えて、市場参加者間のネットワークを維持すること(市場レベルBCP)が重要である。これまで短期金融市場、外国為替市場および証券市場では、被災時における(1)情報連絡・共有手段の確保や(2)対応手順の整理に加えて、(3)市場参加者による訓練といった体制整備が市場毎に進められてきた。こうした中で、被災時における市場間の連携が次の課題とされていたが、本年2月には、3市場合同訓練が実施され、市場間の連携に大きな進展がみられた。今後とも、各市場における更なる体制整備とともに、市場間連携の一層の強化を図ることなどにより、被災時における金融市場全体の頑健性が高まることが期待される。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するために、日本銀行が編集・発行しているものです。ただし、レポートで示された意見は執筆者に属し、必ずしも日本銀行の見解を示すものではありません。

内容に関するご質問等に関しましては、日本銀行金融市場局 田尾一輝(代表03-3279-1111 内線2770)までお知らせ下さい。