調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2010年 > わが国における社債市場の活性化に向けて

わが国における社債市場の活性化に向けて

2010年11月15日
金融市場局
橋本茂、古賀仁

要旨

社債市場は、企業金融における重要な資金調達チャネルの一つであるが、リーマン・ブラザーズ証券破綻後の金融危機を経て、安定的に調達できる透明で流動性の高い市場の必要性が改めて認識された。日本証券業協会の「社債市場の活性化に関する懇談会」では、社債市場の諸課題を整理したうえで、テーマ毎に設けた部会において、具体的な取組みの実現に向けた検討を行っている。今後、市場関係者における活発な議論が行われることにより、社債市場のインフラ整備が着実に進展することが期待される。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するために、日本銀行が編集・発行しているものです。ただし、レポートで示された意見は執筆者に属し、必ずしも日本銀行の見解を示すものではありません。

内容に関するご質問等に関しましては、日本銀行金融市場局市場企画課市場整備グループ 橋本茂(代表03-3279-1111 内線2767)までお知らせ下さい。