調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2020年 > (日銀レビュー)米国短期金融市場の不安定化とグローバルな波及―新型コロナウイルス感染症の拡大と金融市場(2)―

米国短期金融市場の不安定化とグローバルな波及―新型コロナウイルス感染症の拡大と金融市場(2)―


2020年8月14日
金融市場局 川澄祐介、片岡雅彦*
*現・国際局

要旨

2020年3月、新型コロナウイルス感染症が拡大するもとで、米国短期金融市場では、手元資金需要の増加などから米ドルの資金需給が急速に引き締まり、市場機能の低下がみられた。本稿では、こうした市場の不安定化の過程と、その影響がグローバルに波及した経路等を整理するとともに、米連邦準備制度を中心とした主要国の中央銀行が協調して潤沢なドル資金を供給するもとで、市場が安定性を回復した過程を振り返る。今次局面での経験を通じて、ドル資金調達にかかるリスクやグローバルな市場の連関等が改めて確認された。各国の中央銀行は、今後も、国際的な協力を図りつつ、市場の安定確保に努めていくことが重要と考えられる。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するために、日本銀行が編集・発行しているものです。
内容に関するご質問等に関しましては、日本銀行金融市場局総務課(代表03-3279-1111)までお知らせ下さい。