調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2002年 > 中小企業売掛債権の証券化に関する勉強会報告書

中小企業売掛債権の証券化に関する勉強会報告書

2002年 7月26日
金融市場課
市場企画グループ

日本銀行から

日本銀行金融市場局ワーキングペーパーシリーズは、金融市場局スタッフ等による調査・研究成果をとりまとめたもので、金融市場参加者、学界、研究機関などの関連する方々から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融市場局の公式見解を示すものではありません。

なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに対するお問合せは、論文の執筆者までお寄せ下さい。

以下には、(要旨)を掲載しています。全文は、こちら (kwp02j06.pdf 415KB) から入手できます。
(お問合せ先)金融市場局金融市場課 清水季子 e-mail: tokiko.shimizu@boj.or.jp

要旨

 企業が金融市場から必要な資金を直接調達するチャンネルが整備されることは、わが国経済の再生にとって重要な課題の一つである。

 日本銀行金融市場局では、これまで間接金融依存度が高かった中小企業が、証券化技術を活用し、市場から資金を調達することを可能とするABCP市場の整備を進めるため、金融実務家を招き「中小企業売掛債権の証券化に関する勉強会」を開催した。勉強会では、売掛債権譲渡に関する法律面での課題への対応、手続きの標準化、中小企業情報に関するデータベースの整備が、市場拡大の前提条件とされた。また、本稿では、(1)中小企業の信用リスク分析、(2)中小企業向け証券化スキームを実現するための公的補完のあり方について、追加的に考察を行った。

キーワード:
証券化、中小企業金融、売掛債権、ABCP