調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2006年 > 住宅ローン証券化における時価評価方法について

住宅ローン証券化における時価評価方法について

2006年5月
肥後秀明*1

要旨

近年、証券化市場では、民間金融機関の住宅ローン債権を証券化する事例が増加している。証券化に際しては、裏付け資産である住宅ローン債権の時価を適切に算定することが求められている。本稿では、時価評価上の計算要素に沿って、恣意性を排除した合理的な算定のための留意点を整理した。

本稿に記された意見・見解は筆者個人のものであり、日本銀行および金融機構局の公式見解を示すものではない。有り得べき誤りは全て筆者個人に属する。

  1. *1日本銀行 金融機構局 金融高度化センター
    Tel:03-3277-1130
    e-mail:hideaki.higo@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。